借入金額で選ぶなら消費者金融はどこがいいか

借入は大手の会社が一番安心できると聞いていたので、消費者金融で借入をするときにもできるだけ有名なところを頼りました。少しでも有名なところならば、借り入れできる金額も増やせて、審査もかなり早いといわれていたので、駅前周辺で良いサービスを探しました。

 

私の場合、出張中にお金が足りなくなり、給料日前でどうしようもない状況だったので、すぐに消費者金融から借り入れをする必要がありました。審査が30分ほどで終えられるというサービスを利用できるようにすぐにチェックして、スマートフォンで見つけられた場所にすぐに向かいました。

 

ローン契約機というものが当たり前のように置かれており、入るときは少し周囲の視線が気になりましたが、少し奥まった場所にあったので見つかることも恐らくなかったでしょう。審査中は駅周辺のお店などを見て待っているだけでよく、だいたい1時間くらいで審査に合格したという連絡が来ました。

 

メールではなく、個人の電話を指定していたので、連絡にもすぐに答えられました。電話口ですでに借り入れできるようになっているということで、申込の時に申告しておいた金額を、指定の口座に振り込んでもらえました。あとはコンビニでお金が入金されていることを確認でき、無事に危ない一面を乗り切ることができました。

 

この年齢にもなってお金が急になくて困るとは思いませんでしたが、仕事関係でかかったお金をすぐに会社が用意できないというのもかなり不満でした。しかし、そのおかげでまた一つ良い勉強にもなりました。本来は会社が支払わなければいけないお金を肩代わりしただけなので、返済はその分の経費がおりてすぐ支払えました。

 

もっと大変かとも思いましたが、想像していたよりも気軽に利用することができ、今では登録したサービスのカードも届いて、万が一にも備えられています。

 

消費者金融のサービスは、それぞれの会社で比較してもあまり大きな違いはないですが、やはり大手のサービスでは借入限度額も大きく設定されやすいものです。少しでも多くお金を借りなければいけない場合は、大手の消費者金融を頼って、資金にも余裕がある銀行系列の消費者金に頼るのもよいです。

 

利用限度額が大きくても、借り入れるお金はできる限り少なめにした方が借入としては安全です。20万円借入したい場合に、限度額が20万円のサービスしか利用できないとそれだけで借入枠はいっぱいになってしまいますが、50万円お利用限度額ならばまだ30万円の余裕があることになります。追加で借入が必要になる可能性も考えれば限度額は大きい方が良いです。

 

利用限度額が低く、金利が高くなってしまっても返済を速められれば金利はその分節約できます。特に約定返済日の返済だけでは、金利は毎回たくさんかかってしまうので、できるだけ金利が高くならないよう、繰り上げ返済も活用してください。

 

サービスによってはできませんが、毎月の支払金額を約定金額より多めにするだけでも良く、ボーナスなどの支給があれば、しっかり返済に充てていってもよいです。繰り上げ返済ができれば、トータルコストは大幅に節約できるので、出費も少しでも減らすことができます。金利が高めに設定されても、支払い方でカバーしていけるように工夫しましょう。

 

大手の消費者金融ならば、返済サービスも充実しているところが多いです。ネット上でログインして残高確認や金利、次回返済日を確認できるサービスがある会社もあれば、返済方式が自由返済や口座自動引き落とし、口座振り込みなど種類が豊富に用意されているところもあります。

 

担当スタッフがついてくれて何でも相談できるサービスもあるので、金利や返済方式など主要なサービスだけでなく、それ以外のサービスがあるかどうかも確認するとよいです。少しでもサービスが充実している会社は、それだけ経営にも余裕があり、長く頼っていける可能性もあります。

関連サイト

  • https://お金借りる即日特集.jp/

    お金が急に必要になった際、必要額を借りるための借入方法として利用されるカードローン。
    それにも複数あり、即日融資が可能なカードローンを利用した体験談を紹介していきます。

  •  

  • 人気の銀行カードローン

    銀行系カードローンの特徴、審査の厳しさ、メリットやデメリット、実際に借りてみた体験談など。