銀行系と消費者金融系の審査の違いとは?

初めての消費者金融の審査も大丈夫(女性/30代)

先月行った旅行の代金請求が来てしまい、
カード会社に引き落とされてしまったので生活費が足りなくなってしまいました。

 

このままではダメだと思い、お金を調達する方法を考えました。

 

そこで今までなんとか使わずに我慢していたキャッシングで借りてみることにしました。
とはいえ、どのようなところを選んだらいいのかわかりません。

 

テレビや雑誌のCMでお馴染みのよく知っているキャッシングも、
それぞれ銀行系や消費者金融系など系列が違うことを始めて知りました。

 

調べてみると銀行系の審査は厳しいとか違いがあるような口コミも見られます。

 

でも利子は少し銀行系の方が低いのでで、
きればそちらで借り入れができればと思い審査に申込をしました。

 

今はインターネット上で手続きが完了してしまうので、
家にいながら申し込むことができます。

 

必要書類も写真を撮ってメールで送るという便利さです。
そのためサービスによっては即日融資もしてもらえるところもあるということです。

 

銀行系のキャッシングがダメだったらほかのところに申し込むつもりでしたが、
一回で審査が通り無事に借り入れをすることができました。

 

銀行系のキャッシングはATMなどの利便性も良い上に金利が低いので、
積極的に審査申込をしてよかったと思いました。

 

銀行系キャッシングと消費者金融系のキャッシングの審査の違いについて

消費者金融系のキャッシングとは

消費者金融とは、キャッシングサービスを主として提供している金融業者です。

 

少額小口融資であり、審査には色々と手続きが必要になりますが、
それでも一番ハードルが低いので利用しやすい金融サービスであるといえます。

 

ただこれにはいくつかの規制があり、その一つが総量規制です。

 

これは年収の三分の一以上の借り入れを禁止する法律であり、
消費者金融系のキャッシングサービスに適用されています。

 

その為、借りることができない場合もあるという事を覚えておきましょう。

 

具体的でいうと年収400万円の場合、120万円のキャッシングをしていると、
それ以上は貸してくれないようになります。

 

ただし、これはあくまで限界値であり、
実際にはそこまで確実に貸してくれるかどうかはわかりません。

 

貸すかどうかは業者の判断によって決められることになります。
上限金額があるだけであり、その範囲内でも審査は受けます。

 

銀行系のキャッシングサービス

キャッシングといえば消費者金融ではありますが、銀行もサービスを行っている所もあります。

 

小口の融資はなかなか難しいですが、
それでも銀行の資金力を背景にして積極的に参入しているサービスでもあります。

 

しかも、消費者金融系と大きく違うことがあります。
その違いとは、総量規制の適用がないことです。

 

銀行系のキャッシングサービスには総量規制の適用が受けないようになっています。

 

それこそが一番大きな特徴であるといえますから、
利用するときには銀行系の方がよい場合があります。

 

多数の借入がある場合は総量規制がある金融機関では借りる事ができないため、
必然的に銀行系を選ぶことになります。

 

また、あくまで一般論で人によって適用される金利は違うので確実ではないですが、
こちらの方が金利が低い傾向にあります。

 

銀行系であるのか消費者金融系であるのか

最近では銀行と提携をしている消費者金融もあり、
どちらからの審査を受けるのかがいまいちよくわからない場合もあります。

 

その為、よく確認しておきましょう。
これによって借りることができるがどうかが決まる場合すらあるからです。

 

既に年収の三分の一以上の借り入れをキャッシングでやっている場合は、
借りることができる金融機関が限定されますから、しっかり確認しておくことが大切です。

 

なお、総量規制はあくまでキャッシングに対してになりますので、
住宅ローンやカーローンなどは考慮されません。

 

無担保の少額小口融資のみに適用される規制ですから、
他に借金を抱えているといっても目的ローンなどはあまり関係ないので安心してください。