消費者金融から借入を経験して

大学を卒業して4月から社会人として働き始めることになったため、当時の住まいから引越しをしなければなりませんでした。しかし就職活動や卒業旅行などで貯金を使い果たしてしまったため引越し費用を用意することができなかったため、消費者金融から借入を行うことにしました。借入額は当面の生活費も考慮して30万円でした。

 

当初は消費者金融から借入することに抵抗はあったのですが、いざ利用してみるととても簡単に審査が通り金利も社会人として働き続けていれば十分に返済していけるレベルでしたので不安や心配も軽減していきました。

 

なによりも金銭的な事情を両親や友人に知られたくないということもあり、迷惑もかけたくなかったので自分の力で解決できる道として選んだのが消費者金融からの借り入れでした。いざ振り返ってみると街中のいたるところに無人契約機があり、気軽にお金を借りに行ける環境が整っていたのも良かったのではないかと思います。そうしておよそ5年間かけてお借りした全額を返済し今に至っています。

 

これからは家庭を持ったり趣味に没頭したりする際にお金が必要になることもあると思うので、無理のない範囲で機会があればまたお借りしようと思っています。